いつの日からか・・・
c0039114_0521654.jpg

小夏の鼻がボチボチ模様になった。
最近、また少しボチが増えたような気がする・・・
c0039114_0524797.jpg

いつか白鼻になる日が来るのだろうか・・・
幼い頃は真っ黒で、黒光りする鼻だったのになぁ・・・

ひかるは今のところ黒鼻。
c0039114_0555518.jpg

いつかボチボチになるのだろうか・・・
c0039114_0562816.jpg


ちょっと心配になって『犬の病気』のサイトを調べてみると・・・
生まれたときは黒色であった鼻がしだいに色あせて茶色になったり、斑点
を生じたり、またピンク色に変化する犬種があります。
それらの犬種には、アフガン・ハウンド、ドーベルマン、ジャーマン・シ
ェパード、アイリッシュ・セッター、イングリッシュ・ボインダー、プードル
サモエドがあります。ブリーダーはこれを‘‘ダッドレー・ノーズ”といいます。
ほかの犬種では、冬になると鼻部が黒色からミルクチョコレート色に変化
し、夏になるとまた黒色に戻ります。
それらの犬種には、バーニーズ・マウンテンドッグ、ゴールデン・レトリー
バー、ラブラドール・レトリーバー、シベリアン・ハスキーがあります。
ブリーダーはこの鼻部の色素変化を“スノー・ノーズ’と呼びます。
またほかの犬種で、黒色色素の変化が鼻部以外にみられる例もあります。
唇とまぶたの黒色色素がしだいに薄くなり、ついには消失する場合もありま
す。これは皮膚の白斑の徴候です。以上の疾患はすべて医学的な問題と
いうよりは外観上の問題であり、治療の必要はありません。本質的こは遺伝
性であると考えられています。

と記されていた。
まぁ病気じゃないならいーんだわさ!

c0039114_194054.jpg

by hanakusoneko | 2007-02-17 01:10 |


<< やぎのミルク 犬チョコ >>